最後の大会へ向けて

自分自身も思ってますし、周りもそう思っているでしょう。野球をやっているのに下手クソなんです。これは僕の「哀」の部分に当たります。僕は中学生の時、野球部と吹奏楽部のどちらかに必ず入っている事が義務付けられていましたから、野球部に入りました。

もう、中学生になる前から「野球部に入ったら、最悪は3年間試合に出られないかもしれない。でも上手くいけば、1年生の新人(3年生が夏の大会である中体連で辞めていますから、その中体連が終われば2年生と1年生の新チームになるんです)で、新人戦になれば僕にもチャンスが巡ってくると思って練習をしていました。

僕はメガネをかけている事もあり、雨が降る時でも必死で練習しました。まあ、これで監督から「お前ら、目ん玉ついてんのか?」などと怒鳴られたともありましたが、それは自分への期待の表れだと思っています。

僕に対して試合に出たいとその思い気持ちが、せっかくの夏休みなのにも拘らず、必死で練習をして何が何でも「試合に出たい」と言う事を必死でアピールし、「今回しかチャンスはないんだ」来年になったら、少年団で野球をやり、成績を残した後輩の連中ががごろごろいたいます。結果的に公式戦で出られたのは1年生の秋だけでした。